シュミシュフ

好きなこと、人には言えないことを書いていきます

R-1ぐらんぷり2018 優勝は濱田祐太郎さん TV界が変わる予感




R-1ぐらんぷり、

毎年見てて思うのは、

「1人で作れる笑いは限界があるんだな」ってこと。

R-1は、そんなせつなさ込みで面白い。


R-1常連のマツモトクラブさん

あの少し暗くて、人間が愛おしくなるような

ほっこりする世界観がすごくいい。すごく好きです。

ゆりやんレトリィバァさんもすごい。

発想が凡人ではありえない。

存分に自分の世界全うしてます。

今年はカニササレアヤコさんも面白かった。


でも今大会、1番面白かったのは、

優勝した濱田祐太郎さんで間違いない。

f:id:syumisyufu:20180309000314j:plain:w250
<吉本興業プロフィールより引用させていただきました>


R-1で久々に感動しました。おそらく、あべこうじさん以来です。


ほとんど全盲に近い濱田さんが登場したとき、

お笑い番組を見て味わったことのない緊張感、違和感が

あったのではないでしょうか。

それをなかったことにするくらい、

濱田さんのしゃべりはとても上手くて面白かった。

マイク1本だけ、ただしゃべるだけで十分面白かった。


「同情」が点数に入ってたんじゃないかという

意見を目にしましたが、

その人のバックが点に加わるのの何が悪いんでしょうか。

って思いますが。

あの登場時の違和感を全部ふきとばした濱田さんの漫談は

本当に素晴らしかった。


濱田さんをマイクの位置まで案内していたスタッフさん、

濱田さんに、隣で点数の状況を教えている芸人の紺野ぶるまさん、

そういった光景ってお笑い番組では初めての光景でした。

この光景に違和感を感じない日がくるのでは。

濱田さん本人は、障害者と健常者の架け橋に

なる気はないと話していたようですが、

TV界が変わるかもしれない予感がしました。





にほんブログ村 主婦日記ブログ オタク主婦へ
にほんブログ村