シュミシュフ

好きなこと、人には言えないことを書いていきます

恋のスケッチ~応答せよ1988~ネタバレ感想まとめ






ネタバレ感想



恋のスケッチ~応答せよ1988~全話観終えました。



・・・。



・・・。



・・・。



簡単に言うと、ロスってます。

涙が止まらなくて。

ロス感半端なくて、ブログに感想かけないくらいでした。



パク・ボゴム君が出演しているから観たこの

「恋のスケッチ~応答せよ1988~」。

しかし、ボゴム君ロスっていうより、

全員ロス。

もう、横町のあのみんなが本当に大好きだった!


幼馴染の彼ら

ドクソン
ジョンファン
ソヌ
テク
ドンリョン
ボラ
ジョンボン
ノウル


その両親たち

ドンイル(ドクソンの父)
イルファ(ドクソンの母)
ソンギュン(ジョンファンの父)
ミラン(ジョンファンの母)
ソニョン(ソヌの母)
ムソン(テクの父)


中でも特に大好きだったのが

ジョンファンの父キム・ソンギュ

とお母さんのラ・ミラン

あの夫婦は特に素敵でした。

強がってるミランさんの本当の心の内を

ちゃんとわかってあげてるソンギュンさん。

そして、

普段はキツイ態度だけど、ソンギュンさんが

怪我をした時やつらい時は誰よりも心配しているミランさん。

素敵な夫婦です(涙)

ドクソンの家族もほんとに素敵な夫婦だったなぁ(涙)。


あんなに賑やかだったあの場所が、

あの双門洞の横町が、子どもたちが巣立ち親も老い

誰もいなくなってしまった。

大人になったテクが今は亡きキム・ジュヒョクさんというのも

悲しくて。

そりゃあロスりますよ・・・(涙)


このドラマ、素敵な青春ドラマであり最高の家族ドラマであり、

ご近所ドラマでした。

この脚本書いた人誰よ!

笑って泣いて、最高のドラマじゃないですか!(涙)

全員が愛しい。

これだけ愛された理由がわかりました(涙)


ドクソンたちみんな良い子たちですね。

立派に成長していました。

ドクソンのお父さんのドンイルさんが言っていた

言葉が思い出されます。

「花は散ったら終わりだと思っていたけど実がなるんだな」




印象的なシーン




名場面は全部じゃないかってくらいたくさんあったのですが、

心に残ったシーンをいくつか。



テク(パク・ボゴム)が暴言を吐くシーン


天才棋士テクが負けて皆がテクを気遣うんですけど、

幼馴染たちの慰め方は違いました。

ストレートに「負けたな」「負けて顔向けできないな」を

連呼。

こういうときはこう言うんだよ!ってなかんじで

下品な言葉をテクに叫ばせる。

放送できないような言葉をテクが叫ぶシーン。

テクの表情がみるみる晴れ晴れとしてきて、

友達の力ってやっぱ絶大。

ボゴム君にやっとスポットがあたってきたという

意味もこめて印象に残っています。




ミランの誕生会と結婚式のシーン



更年期障害で気分が沈んだミランのためにみんなが

集まって内緒で誕生会と結婚式をするんですけど、もう号泣。

家に飾られてる結婚式の写真は偽物で結婚式

あげてなかったんですね、ミラン夫婦。

その後、銀行をリストラされたドンイルさんに子供たちからの

メッセージを読むシーンが続きます。

親に感謝できるいい子に育ちました、ドクソンたちは。




キスをしたのは夢じゃないとわかっていたと知ったシーン


高校生の頃、夢うつつでキスをしたテクとドクソンですが、

ドクソンは本当はそれを覚えていて知らないふりを

していたと知ったときのテクの気持ちをボゴミ君が

本当にうまく演じていて、さすがボゴミ君だなと感動。

ボゴム君しかできないあの目の演技!


テクはここぞという時男らしく行動するので、

ドクソンがテクを選んだのは偶然でもなんでもないんですね。

ドクソンが強がって一人待っていたとき、

ジョンファンより先に着いたのがテクだったときのシーンも

印象的です。

ジョンファンは隠れてドクソンをすごく想っていたけど、

テクはジョンファンよりずっとずっと前からドクソンを

想っていたんです。本当に長い間。

みんな長い間それぞれの人を想っていたけど、

テクが一番一途なんです。

ジョンファンの想いは報われなくて切ないけど、

ジョンファンより行動したのはテクで、

想いが強かったのもやっぱりテクなんです。




ボラの結婚式&エンディング


説明できないくらいの感動のシーンです。

ちょっと、涙しすぎてもうみたくないくらいです。

このドラマのDVDは多分買わないです。

何度も観れるくらいメンタル強くないです私(笑)。




余談&まとめ




ロス感ハンパなくて、観なければよかったと思ったくらい。

でも、観てよかった(なんだそりゃ)

素敵なドラマを本当に本当にありがとうという気持ちです。


ドラマエンディングむかえて、しばらく涙が止まらなかったので、

旦那さんのところに行きました。

「パパ、ママは今家族ドラマ観てロスで涙が止まらなくてつらいんだよ」

「素敵な家族で、でも子供が巣立って親たちは老い

 そして誰もいなくなった、人生ってあっという間で悲しいね」

「うちらも、今は子供たちがいて賑やかだけど、いずれ老いて元気が

 なくなっていくのかな」


そんなようなことを一気に旦那さんにしゃべったと思います。

そしたら旦那さんはこういいました。


「そんなことないよ、ママ。これからが楽しいんだよ!

 子供たちが大きくなったら2人で旅行いっぱいしようね。

 60代になってからが1番楽しいかもしれないよ?」


旦那さんの言葉が嬉しくて、ちょっとロスが治まりました(笑)


今も今までも子供たちがいて毎日がとても賑やかで幸せで、

でも、いつか必ず親は老いていく。私たちは老いていく。


大人になったドクソンは

「あの頃に戻りたいか?」

という質問にこう答えました。


「私はあの頃に戻りたい。

あの頃に戻って会いたい人がいるの

若くて大きな存在だった両親よ

若くていつも元気だった両親に会いたい。

今は年をとった・・・」

そう言って涙ぐんだドクソン。

ドンイルさんもイルファさんも年とったんですね。

ドラマ上だけど切ないですね・・・


ドクソンが語るエンディングの最後のセリフを載せておきます。



時は流れすべてが過去になる

そして私は年をとる

青春が美しいのはおそらくそのせいだろう

ほんの一瞬だけまぶしく輝くけれど

それは二度と手に入らない


熱くて純粋で切ないほど恋しいあの時代

聞こえるか

聞こえたら応答せよ

私の1988年 若かりし日々よ





夢は終わらないよね


このドラマの素敵なOSTの歌詞を書いておきます。



OST歌詞


過ぎ去ったことは過ぎ去るままに

それぞれに意味がある

みんなで一緒に歌おう

後悔なく夢を見たと叫ぼう

新たな夢を見るのだと叫ぼう






にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村


にほんブログ村 主婦日記ブログ オタク主婦へ
にほんブログ村