シュミシュフ

好きなこと、人には言えないことを書いていきます

パート先でラジオ体操を誰よりも真剣にやっている人がいる・・・



会社の朝のラジオ体操タイム


うちの会社、出勤するとラジオ体操を会社全体でやることに

なっているんですけど、

めっちゃ綺麗に本意気で体操しているおばさんがいるんです。


はい、私です


多分、まわりは内心アホかと思っているかもしれません。


しか~し!

私はラジオ体操の素晴らしさを身をもって知っているので、

ちゃんとやります、

ちゃんとやらないともったいないんだよ!

って思うんですよね。

せっかく体にいいことをする時間があるんだから

ちゃんとするよ、私は。


ラジオ体操には効果のあるやり方がある


ってことで、私が中学のときに体育の先生から厳しく

叩き込まれたラジオ体操のやり方は、

まあ、詳しくは忘れたんですけど、これだけは

覚えています。


・ お腹に力を入れて凹ました状態でする

・ ヒップに力を入れる

・ 肘は曲げない、最大に伸ばす


です。

中学のときキチッとしたラジオ体操を教え込まれた

おかげで、私のラジオ体操はもうなんていうか、

キリッとしていてキレイなんです(自分で言ってるよ笑)。


結局、年をとってきてとかで体が思うようにならなくなってくると、

健康の基本がストレッチやウォーキングがどれほど

大切かっていうことに気づいてしまうことになるんですよね。

私は1度本当に寝たきりになって体力がガタっと落ちたので、

少しずつ体が動くようになっていったのを身をもって実感したこと

もあって、ラジオ体操愛ハンパないです。

ラジオ体操できる体に感謝してやろうぜ、体にいいんだしさ、

っていう、ゆるぎないラジオ体操愛、ですね。



厳しくラジオ体操を教えてくれた体育教師に感謝


中学の体育の女の先生は、すごく厳しくて、

当時、その熱血体育女教師を「なんだこの教師・・・」

って反抗心がありました。

当時、その先生は言ったんです。

「今ちゃんとしたラジオ体操を覚えたら後々楽だ

   一生物の大事な運動だからこれだけはちゃんと覚えてもらう」

って。

今となっては、その先生の言っていた意味がよくわかります。

当時は気づかなかったけど、その先生本当にいい先生だったんだ・・・

あのラジオ体操に対する厳しさは愛だったんだな・・・

ありがとう!先生!

気づくのが遅すぎて名前も思い出せないけど、

先生は恩人です!

私、おばさんになってもあのラジオ体操やってますよ、先生!



ってことで、アホかこいつと思われようとなんだろうと、

私は体にいいラジオ体操をゆるぎない自信をもって、

取り組んでいきます。


あーラジオ体操楽し