シュミシュフ

好きなこと、人には言えないことを書いていきます

映画「火花」 ネタバレ感想 この言葉が聞きたかった





芥川賞受賞作、ピース又吉さんの「火花」の映画バージョン見ました。

映画「火花」、よかったです!!!

見終わった後、涙が止まらなくて

しばし、号泣。


小説での徳永と神谷のイメージが

菅田将暉桐谷健太に見事はまった。


監督があの板尾さん。

板尾監督!ありがとうございます!







監督・キャスト




-監督-


板尾創路




-キャスト-


菅田将暉(徳永)
桐谷健太(神谷)
木村文乃(神谷の彼女)
川谷修士(2丁拳銃)(徳永の相方)



感想



もう本物の芸人にしか見えなかったですし、

菅田将暉さんと桐谷健太さん。

菅田将暉さんはダウンタウンの大ファンで、

お笑いを尊敬し愛している役者さんっていうのを知ってた

っていうのもあって、菅田さん主演は嬉しかったし、

そんな彼が徳永役をどう演じるのかっていうのを

期待して見ました。


やっぱり上手い・・・

彼はとにかく演技が上手い!

で、漫才上手い!

徳永の組んでいるスパークスっていうコンビの

相方がM-1決勝進出者の2丁拳銃

修士さんなんですよね、これがまた胸にこみ上げるものが

ありました。

今でも覚えてますもん、M-1での2丁拳銃ハンバーガーのネタ。

ウィ~ンって自動ドア開けて入ってきて、

「ピクルス抜いてください」っていうネタ。

面白かった~(涙)

あんなに面白くても優勝には手が届かなくて、

いつしか以前よりTVで見なくなって。

2丁拳銃はもっともっと東京で活躍すると思ってた。


2人のラスト漫才は、役者の菅田将暉さんと現役の

お笑い芸人の修士さんとして見えたけど、それでも泣けた。

引退した徳永が不動産で働いてるところとか、

見るに耐えなかった。


きれいごとでも救われたのは、

桐谷健太さんが演じる神谷が、

絶対に

と、語るとこ。もう涙が止まらなかった。



芸人には引退なんてないと思うねん
1回でも舞台に立った奴は絶対に必要やってん
絶対に全員必要やってん
だからこれからの全ての漫才に俺らは関わってんねん
つまり何をやってても
芸人に引退はないねん


この言葉が聞きたかった。

いいネタ思いついた!って言った神谷の顔、

頭から離れない。

エンドロールにビートたけしさんの浅草キッド

主演の2人が歌ってて心にしみた。


この映画よかった。






余談



この映画見たらいろいろ思い出してきて。

ボキャブラ天国時代のこととか。

当時それほど目立たなかったくりぃむしちゅー

うれたり(当時は海砂利水魚っていうコンビ名)、うれると

おもっていたコンビがうれなかったり解散したりした。

ブレイクした古坂大魔王は、以前底ぬけAIR-LINEっていう

トリオやっていて、解散した時は衝撃でした。

それからピンでブレイクするまで本当、長かった。

アンタッチャブルザキヤマさんは、

今とはキャラが全く違ってて、かっこつけてあまりしゃべらな

かった。

バカルディーは「さま~ず」に改名して復活した。

松本ハウス(改名してJINRUI)、

X-GUN(途中改名したけど戻す)、

U-turn(解散)、面白かったな。



映画「火花」の感想をいろんな芸人さんが

youtubeでコメントしてて、

感想がコンビによって全然違うので、

興味深かった。

それと、ドラマバージョンの火花が

絶賛されていますね。

ドラマバージョンも見てみたいです。







にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村


にほんブログ村 主婦日記ブログ オタク主婦へ
にほんブログ村